日本ランドローヴァークラブとは。

——————————————————————————–

日本ランドローヴァークラブ(JLRC)のご紹介

私達の日本ランドローヴァークラブ(JLRC)へ興味をお持ちいただきありがとうございます。JLRCは青木國男現会長ご夫妻が中心となられ、1982年に当時の日本では甚だ少数民族であったL/Rエンスージァストの集いの場として設立されました。日本でのランドローヴァー車のワンメイククラブとして草分けです。

主な活動としましては年2回のランドローヴァーミーティング(LRM)の開催がメイン行事であり、ローカルなイベントもあります。他に年数回のニューズレター(会報)の発行を行っております。

入会金や年会費は通信実費程度のミニマムなものですが、しかしそれだけが会員の義務ではありません。会員の一員となるにはクラブの運営やミーティングの設営などを自ら楽しみ、積極的に盛立てていく事が必要です。

JLRCは競って会員数を増やそうなどとは考えておりません。あくまでも大人の遊びを理解する者の集まりとして、地味ながらあくなき本質の追求と中身のより一層の充実を目指しております。またJLRCは仲良しクラブでもありません。JLRCの存在意義はメンバーそれぞれの全輪駆動車を趣味としてきた長年の経験と深い造詣を結集し、その中からより高度な楽しみを見いだそうとするものです。「道楽」と自負するからには一定レベル以上の資質とノウハウを持ち「give and take」が出来る事が最低限必要と考えております。それ故にお為ごかしのイベントは一切無く、必要以上に会費を徴収するなどという事もしておりません。好き者同士の手弁当、完全なボランティアという形態で運営を行っております。

そんな私達のJLRCに興味を持たれましたら、まずはLRMを見学においでください。LRMは毎年5月、10月の第2週に開催 されます。

あくま でも当クラブの定例ミーティングである事をご理解いただくのは勿論ですが、公共の場所を特にお借りして開催しておりますので、節度を持った行動をしていただく事が条件となります。

複数回LRMをご見学いただいたうえで、我々の感性に共鳴し入会を希望 されるという方は、現地にて事務局へ入会申込書と会則をご請求ください。

新入会には会則の規定により現在の会員の推薦が必要となりますのでLRMにおいてメンバーとの良好なコミニュケーション作りに御努力願う事などが必須となります。しかしながら役員会の審査の結果、当クラブのポリシーに合致されない方々等について、ご参加を御遠慮いただく場合がありますので前もって御了承願いま す。あくまでも主体は当クラブにある事をご理解ください。何か面白い事があるだろうかとか、何かをしてもらおうなどと受身の発想 は当クラブには向きません。まずはご自身がクラブにおいてどんな楽しみ方が出来るだろうか、またクラブの運営等にどんな協力が出来るだろうかをお考えいただければ幸いです。我々は真のエンスージャスト達が集う「場」を設営をしているにすぎませんので。

入会希望の皆さんへ

入会に際しましてはL/R車のオーナーであるか無いかなどという「つまらない」ことは全く問題としておりません。現にオーナーではない方もメンバーとして非常にアクティブに活動されております。それはJLRCが巷によくある「オーナーズクラブ」では無いということです。全輪駆動車への高い見識や資質を持ち、その到達点であるランドローヴァー車の合理性やポリシーに並々ならぬ興味や探求心を持つ方であれば当クラブへのご参加を歓迎しております。

会則第一条の会員資格第一項に「ランドローヴァー車をこよなく愛する者であること」と謳っておりますがJLRCが入会希望の皆さんに要求する条件はただこれだけです。

またクラブの側からメンバーに積極的にサービスするような事も全くありません。自ら積極的に楽しまない限りJLRCは貴方にとって酷く退屈なものでしかないでしょう。これは「お客様は要らない」というJLRCのポリシーにも相通じますが、一生の道楽たるもの、自ら見いだし作り出すものであり元来それは他人から与えられるものではないと確信するからです。

メンバー各自がLRへの貪欲な探求心と限りない遊び心を満足させる場としてのみJLRCは存在し機能しています。

入会申込書の提出に際しては現会員の推薦が必要となりますので最低限LRMに複数回ご参加いただき、会長はじめクラブメンバーとの良好なコミニュケーション作りをしていただく事が必須となります。会長及び役員会への諮問には所定のフォーマットへ、貴方の人となりやLR車に対する思い入れの数々、JLRCで協力すること、出来ることを明記してください。貴方の積極性こそ我々の評価の対象です。この機会に余すところ無く十二分な自己アピールを行い事務局へご提出ください。入会の可否の決定は役員会での事前審査ののち、最終決定は会長の裁量に一任しております。したがって会長に面識のない方の入会はあり得ません。人と人の繋がりこそ最重視しておりますので会長や役員が「こんな人、知らない」ということですと入会審査の対象にすらならないということにもなり得ます。くれぐれも事前に我々へ十二分なアプローチを行ってください。また当クラブの決定には一切の異議申し立てはできません。あくまで主体はJLRCにあることをご理解願います。入会申込書は基本的にランド・ローヴァー・ミーティング(LRM)会場にて直接手渡しさせていただいております。詳細等不明な点については事務局までemailにてお問い合わせください

Comments are closed.